賃貸物件を取り壊して売却するには

賃貸物件を取り壊して売却するには

この度、賃貸物件のオーナー様より共同住宅の売却のご相談を頂きました。

現在賃貸中なのですが、物件はかなり古く危険もあるので、
取り壊して更地にして売却することを希望されています。

しかし、共同住宅はまだ何人かお住まいになっています。

入居中の物件は、借地借家法の適用を受けます。

貸主からの賃貸借契約の解除には「正当な理由」が必要になります。

老朽化は「正当な理由」となりえますが、この建物に住むことが危険であるといる専門家の意見や、
危険を回避するために改修できないのかも考慮されるようです。

家主が受け取る家賃と改修費を比べてみて、改修が現実的でないなら、
正当な事由と言えるのではないでしょうか。
 

今回のご相談は、おそらく正当な理由と言えると思うのですが、
入居者が退去を納得されるかどうかはまた別問題です。

入居者には、住み続けることの危険性や退去することのメリットを丁寧に伝え、
次の物件の紹介、費用の相談などが必要となります。
 

少し長い目で見ながら、売却できるようにお手伝いができればと思っています。