• HOME  >  
  • 新着情報  >  
  • 売却  >  
  • 不動産査定を依頼するとき、これだけは用意してください。

不動産査定を依頼するとき、これだけは用意してください。

不動産査定を依頼するとき、これだけは用意してください。

不動産の売却をお考えの方は、ご自分の家がいくらくらいで売れるのか、一番気になることですよね。
売却を考えられたら、まず、不動産会社に査定の依頼をされると思います。
査定を依頼したら、どんなことを聞かれるのか、気になる方もいらっしゃると思います。
そんな方のために、査定を依頼するときに、用意しておいてほしいものについて説明します。

査定には、簡易査定と訪問査定があります。
それぞれについて、説明していきます。

 

簡易査定

概算の査定額が知りたいというときは、簡易査定を依頼してください。

簡易査定では、現地調査や役所の調査はしません。
近隣の事例や路線価、建物の減価率から、概算の査定額を出しています。
お電話でも結構ですので、お気軽にお申しつけください。
通常2・3日以内には査定額をお答え致します。

お伺いさせていただく内容
1.お客様のお名前と連絡先
2.物件の種類(土地・戸建て・マンション・賃貸アパートなど)
3.物件の所在地
4.物件の所有者様
5.敷地面積と建物面積
6.建物について (構造、間取り、築年数、建築会社、リフォーム履歴など)
以上について、わかる範囲で教えてください。

1から5については、固定資産税納付書に記載があります。
これを手元に用意してお電話くださればスムーズですので、ご準備、宜しくお願いします。

訪問査定

訪問査定は、実際に不動産の状況を見させていただき、役所調査も致しますので、精度の高いものとなります。
そのためには、物件についてもう少し詳しくお伺いさせていただきます。
ご来店いただける場合は、以下の物で手元にあるものをご持参ください。

1.物件の登記簿謄本
2.公図・測量図など
3.購入時の不動産資料
4.建築確認書
5.固定資産税通知書
6.ローンがあれば内容のわかるもの(償還表など)
7.ご来店される方の身分証明書

上記の資料のうち、あるものだけで結構ですので持ってきてください。
謄本や公図などなければ当方で取得しますが、少し時間がかかることをご了承ください。

また、以下のこともお伺いさせていただきます。
・リフォーム履歴や建物の現在の状況
・売却理由(相続・買い替え・転勤・ローン支払いが厳しいなど)
・売却希望時期
・物件についてお聞きしておいた方が良いこと
(例えば、井戸がある、部屋で亡くなった方がいるなど)

以上のヒアリングをさせて頂き、接道状況などを調べた上で、建物のある場合は訪問して内部を見せていただきます。
このような調査が終わりましたら、査定書をお作りします。
通常、1週間程度日にちを頂いております。

査定を依頼されるときの注意点

・物件の状況については、不利だと思われることも含めて、正直にお伝えください。
できるだけ精度の高い査定額を算出するためです。

・売却理由についても正直にお話頂けたら有難いです。

・査定額は、売れる可能性が高いと判断した金額であり、必ずしも売れる金額ではないことをご了承ください。

・査定額通りで売り出さないといけないというものではありません。
参考にしていただいて、最終的には売主様に決めて頂きます。

まとめ

無料査定の方法として、簡易査定と訪問査定があります。
査定額の概算が知りたいときは簡易査定。2・3日以内にお知らせします。
精度の高い査定額をお知りになりたい時は訪問査定。
査定結果が出るまでに1週間程頂戴しております。

物件のことが分かる資料(謄本や権利書・購入した時の書類など)を準備して、お電話ください。
資料が見つからない時は、固定資産税納付書だけは用意してください。

編集後記

急に、冬らしく寒くなってきましたね。
風邪などひかれていませんか?

私の冬の定番といえば、こたつ!
家に帰って、こたつでほっこりし、小さな幸せを感じている今日この頃なのです(^^)