離婚後の家の売却

離婚後の家の売却

離婚による家の売却についての相談がありました。

離婚により家は空家になっているとのこと。
物件には、元奥様の名義が一部入っていました。

 

 

共有名義の家の問題点は?

「元妻の名義が入っていることは問題ないですか?」
とのお尋ねでした。

奥様が売却に同意されているのでしたら、
共有名義でも問題ありません。

通常、契約と決済については、
名義人様全員に同席してもらいます。
しかし、離婚しているご夫婦ですので、
同席することを好まれませんでした。

その場合は、前もって司法書士に会ってもらい、
委任状での取り扱いが出来ますので、
お互いに顔を合わさなくても、大丈夫です。

共有名義を単有名義に変える

すぐに売却しない場合で、スッキリしたい場合
ご主人が、奥様名義の部分を買取るというケースもあります。

この場合、元ご主人は、買い取るお金が要りますし、
元ご主人に贈与税がかかってくることがありますので、ご注意ください。

売買金額がローン残高より高い場合

売却額がローン残高より高ければ、
売却したお金で住宅ローンが消せますので、
問題なく売却できます。

売買金額がローン残高より安い時

売却額がローン残高よりも低ければ、
売却するためには、差額の実費が必要となります。

抵当権を抹消(住宅ローンを返済する)しなければ
買主に名義を変えることが出来ないからです。

まとめ

離婚による売却は、新しい生活への第一歩ですので、
手続きがスムーズに運ぶようにと思っています。