• HOME  >  
  • 新着情報  >  
  • 売却  >  
  • 住宅ローンが残っていても、売却できますか?

住宅ローンが残っていても、売却できますか?

住宅ローンが残っていても、売却できますか?

「自宅に住宅ローンがまだ残って
いるのですが、売却できますか?」
とご質問を受けました。

結論から言うと・・・

売却される方で、
住宅ローンが残っている、
というのはよくあることです。

結論から言いますと、
住宅ローンの残債があっても、
家を売ることはできます。

ただ、抵当権がはずれることが
条件になります。

抵当権とは

抵当権とは、住宅ローンなどで
お金を借りたときに、
家と土地をその借金の担保として
おくものです。

住宅ローンを組んだ時に、
金融機関と抵当権設定契約を
結んでい
るのです。

法務局で閲覧できる登記簿謄本を
みると、
「○○銀行で○○万円借入ている」
ということが書いてあります。

抵当権を外すためには?

では、「抵当権をはずす」
にはどうすればよいのでしょうか。

そのためには、売却したお金で
住宅ローンを完済しなければ
なりません。

売却した金額≧住宅ローンの残高
だとOKなわけです。
住宅ローン残高より売却金額が多ければ
抵当権は無事消せます。

売却金額がローン残高より低い時は?

預貯金等手持ちのお金がある方は、
売却代金にプラスして、抵当権を外します。

内入れするお金がない場合は?

今の段階で売却することは難しく
なります。
もっと高い金額で購入してくれる
買主を探さなければなりません。

または、もう少し支払を続けて、
ローン残高を減らさなければなりません。

賃貸としての活用を考えるのも
一つの方法です。

不動産決済の流れ

ここで不動産決済の流れを
見てみます。

①買主はお金を全額払う
②売主は、その受け取ったお金で
住宅ローンの支払いをする
③売主の抵当権が消える
④買主への引渡しが完了
となります。

契約までの注意点

まず物件の査定時に、
ローン残高と手持ちのお金をお伝えください。

そこから、売却金額が「○○万円以上必要」
ということが決まってきます。

購入希望者がその金額以下で打診してきた場合
「○○万円以下では売却できない」ことを
お伝えします。

それでうまく調整できれば契約となります。

金額に折り合いがつかなければ
残念ながら、契約には至りません。

まとめ

住宅ローンの残高がある場合は、
売却代金と手持ちのお金で
完済しなければなりません。

それができれば全く問題ありません。

ローン残高が不動産の市場値と
かけ離れていると、売却しにくい
場合もありますが、
まずは不動産会社に査定とご相談を
申し付けください。